【地域防災ステーション】
 平成27年10月25日
 箕面粟生第二住宅内の緑風公園(パンダ公園)に
「地域防災ステーション」が11月下旬に設置(予定)

 箕面市では、平成28年度までに、公園など市内60カ所を災害時の活動拠点となる「地域防災ステーション」として整備し、消火、救助資器材を備えた大型ベンチを設置していく計画です。
 この「地域防災ステーション」は、地震等の災害発生直後に、自治会などが一時的な集合場所として使い、安否確認の情報収集や、消火、救助活動の拠点になります。昨年度までに40カ所を整備し、今年度は新たに10カ所が整備される計画で、その内の1カ所が今回、緑風公園(パンダ公園)に整備されます。
 今回、設置される「地域防災ステーション」の大きさは、1.5m×1.5mの正方形の箱型で高さが約1mの大型ベンチで半分が地中に埋設されています。
大型ベンチの中には、消火、救助活動に必要な資器材がそろっています。
「地域防災ステーション」があれば、迅速な消化、救助活動が可能になります。
完成すれば地域の皆さんにも、ぜひ見ていただきたいと思っております。


Copyright(C) 2009 AODAINI All Rights Reserved