【粟生第二佳宅風物詩】4大行事
夏まつり(盆踊り大会)
  栗生第二住宅最大の行事です。
  自治会役員をはじめ自治会員の方々が一体となって
  作り上げてきました。
  近隣の方々も楽しみにしていて、
  以前は近隣自治会と豊北校区全体で盛大に開催していました。
  現在は盆踊り中心の落ち着きがあり、小さな子供が安心して参加できる
  手作り感があってフレンドリーな夏祭りになっています。
  豊川北小の在校生や卒業生を中心に『南中ソーラン!!』が見ものになっています。
  ●開催日:7月末か8月初め、 自治会広報にてお知らせします。
  ●会場:豊川北小グランド
地蔵盆(子供たちの守り地蔵)
   粟生第二住宅のある粟生地域は、明治初期から酒米用の田んぼがあり、花作りやみかん、
  粟生のびわなどが有名な農業の盛んな地域でした。その中に三反まちというほどの大き
  な田んぼのそばに、お地蔵さんが数体(六地蔵)ありました。
   五穀豊作と家内安全と子孫繁栄を祈るお地蔵さんは昔から地域の子供たちの守り地蔵
  として育まれてきました。
   昭和40年代にはいり宅地開発が進む中、この地も住宅公団に売却され宅地造成が始ま
  りました。そのときに、お地蔵さんの一つが埋もれてしまいました。
   ある時、お祖父さんが埋もれて泣いているお地蔵さんの夢を見ました。
   そこで可愛そうに思い元の場所に行って見ると、造成工事の真最中で
  ブルドーザーの機械の横で危機一髪の処を一体だけ助けあげることができました。
  そして勝尾寺にお願いして境内に安置していただきました。

   その後、自治会有志の方々のご尽力があり、新しく開発された公団の第二住宅のお守り
  地蔵として、鎮守の森に地蔵通りと名づけ粟生北公園の通りに祠が建立されました。
  こうして見事に再建され毎年8月24日に地蔵盆の法要が有志の方々によって受け継がれ
  てきました。(取材には博文堂書店社長様に協力頂きました)
  
  ●開催日:毎年8月24日
  ●会場:地蔵通り
歳末夜回り
  第二住宅の竣工以来34年間、火災ゼロだそうです。
  一年の締めくくり!と心あらたに新年を迎えられるように
  願いをこめて、
  『火の用心!!』の掛け声と拍子木の打つ音で団地内を練り歩きます。

  警察・消防・地域の防犯関係者と共に廻ります。
  特に子供たちには拍子木打ちの『カチン!!』の音が
  思い出に残るようです。
  すばらしい伝統行事の一つとなっています。
  ● 開催日:毎年12月29日と30日の2日間

どんど祭り
  正月飾りを焼き、御神火にあたることで一年の無病患災、家内安全を祈願する祭り。
  帝釈寺から御神火を運び緑風公園(パンダ公園)の小山が会場になります。
  緑風公園の空き地(小山)は平地だったそうです。
  ●開催日は1月15日ごろです自治会広報でお知らせします。
  ●会場:緑風公園
活動紹介へ戻る
Copyright(C) 2009 AODAINI All Rights Reserved